2018年 イベント・事業の履歴

2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年

JSISH国際シンポジウム


◆多職種による事例検討会ファシリテーター養成講座

日時:12月22日(土)~23日(日)

場所:東京大学医学部図書館

詳細はこちらから


◆「看護実践能力」を学ぶ・教える教育設計:基礎セミナー

日時:12月9日(日)福岡大学

詳細はこちら


◆救急隊員のための伝わるファーストコール:シナリオで学ぶ内因性疾患・高齢者救急の臨床推論

日時:12月8日(土)福岡市民病院

詳細はこちら


◆蘇生インストラクターの為のファカルティ・デベロップメント 

日時・定員】

第1回目 2018年 9月15日(土曜日)9:00−17:00 
第2回目 2018年 9月29日(土曜日)9:00−17:00 
第3回目 2018年10月13日(土曜日)9:00−17:00 

【会場】レールダルメディカルジャパン (東京 半蔵門)
【対象】AHAのECCプログラムのインストラクター、ICLSインストラクターなど、蘇生シミュレーションコースのインストラクター
【受講条件】医療系教育機関の教員(常勤)、医療機関に常勤する医師・看護師・薬剤師・放射線技師、消防署に常勤刷る救急救命士(出向中を含む)
【第1回のテーマ】完全習得学習、集中的な練習、反復練習を用いたインストラクションの設計
【第2回のテーマ】文脈学習、フィードバック、デブリーフィングを用いたインストラクションの設計
【第3回のテーマ】評価、ファカルティ・デベロップメント、知識移転のテクノロジー

詳細は、こちらから


◆医療IDセミナー(ARCS/ISDセミナー)2018 

【開催日時・対象者】
医療IDセミナー(授業設計編)
日 時:2018年7月28日(土)受付10:30 開始11:00 終了予定17:50
対象者:医療系大学、専門学校にて授業を行っている、またはこれから行う予定で、授業内容の改善を行いたい教員
募集人数:30名
医療IDセミナー(研修設計編)
日 時:2018年7月29日(日)受付 9:00 開始9:30 終了予定16:00
対象者:医療系の病院施設や組織にて研修を行っている、またはこれから行う予定で、研修内容の改善を行いたい担当者
募集人数:30名

詳細はこちら


◆急変させない患者観察テクニック 基礎セミナー (大阪)

患者安全TeamSimコース 基本編
2018年9月8日(土)新大阪  9:30~16:30
詳細はこちらから

◆急変させない患者観察テクニック 基礎セミナー (東京半蔵門)

TeamSimファミリーコース開催履歴はこちらからご覧ください。


会場:レールダルメディカルジャパン(東京・半蔵門)
若手看護師から経験豊富な看護師まで(夜勤デビュー前、プリセプターとして若手を指導する、看護業務を看護実践としてとらえる)

  • 受講対象者:  看護師・看護教員
  • 受講の条件: 事前学習「看護実践技能・自己診断」を済ませること
    「急変させない患者観察テクニックで使う14枚の知識カードとその説明」を読む
  • 受講料:日本医療教授システム学会員 8,000円/名、非会員 15,000円/名、非会員2−3名の場合14,000円/名、非会員4名以上の場合12,000円/名

 

 

 


第1回インストラクショナルデザインセミナー

2018年5月19日(土)午前9時30分~午後5時

開催場所:岐阜市文化センター 第2会議室
岐阜市金町5丁目7番地2 (JR岐阜駅・名鉄岐阜駅から 徒歩10分)

詳細はこちらをご覧ください。


第10回医療教授システム学会総会

日時:2018年3月1日~2日(3日併設セミナー)
会長:大西弘高(東京大学 医学教育国際研究センター)
場所:東京大学 本郷キャンパス 鉄門記念講堂

総参加数270名の方がお越し頂き、盛会に終わりました。


医療ID勉強会

医療教授システムとは

「できる」医療者に育つ/育てる仕組みのこと。 医療系教育機関においては、学生が「できる」医療者の基本的な能力を獲得するために、 学習環境をデザインしインストラクションで成果をあげる仕組みをいう。 医療組織においては、医療職が患者のアウトカムを最適化する能力を獲得する職場学習環 境をデザインし、医療職の生涯発達を支援する仕組みをいう。
勉強会の目的

医療教授システム(教材を含む)のデザイン、開発、導入、運営、評価に関する理論、モ デルや実践事例の共有とディスカッション。
誰が参加するべきか?

  1. 授業や研修を効果的・効率的・魅力的に改善する前提の勉強をしたい
  2. 病院実習や臨床研修(医師、新人看護職員など)を改善する前提の勉強をしたい
  3. シミュレーション医療教育・研修を改善する前提の勉強をしたい
  4. インストラクショナル・デザインの医療への応用について勉強したい

事例研究会との関連

医療教授システム勉強会で事例研究の前提となる理論、モデルや事例研究の成果を勉強し ます。 事例研究を行いながらこの勉強会で前提となる知識基盤を獲得することもできます。
指定教科書

インストラクショナルデザインの原理
インストラクショナルデザインの理論とモデル:共通知識基盤の構築に向けて

日時(13:00-16:00)

2018年1月20日(土)
2018年5月21日(土)
2018年7月21日(土)
2018年11月10日(土)
2019年1月26日(日)

場所CIC田町 :キャンパス・イノベーションセンター東京(田町)
地図のみ参考にしてください。問合せ先と本セミナーは関係ありません

参加費  JSISH会員 3,000円、 非会員6,000円 


患者安全TeamSimコース

開催履歴はこちら

 


実践事例研究会

原則として偶数月の日曜日午前10時から午後3時、キャンパス・イノベーションセン ター東京(田町)にて開催いたします。
これまでサイボウズ・ライブを利用していましたが、2018年3月以降サイボウズ・ライブの利用ができなくなりますので、2018年度の事例研究会は以下の方法で行います。
午前:予約制によるデザイン研究(看護研究、事例研究)の個別指導とディ スカッション
午後:事例発表 (  聴講のみも可 )
事例研究のデザインと論文執筆をゴールとする事例発表では、パワーポイントやキーノートなどのアプリケーションを使ってプレゼンテーションしていただきます。
事例研究会の目的
事例研究(デザイン研究)のオリエンテーションから論文投稿までのプロセスを支援する
誰が参加するべきか?

  1. 事例研究に興味がある人
  2. 事例研究の準備を始めたい人
  3. 事例研究を完成したい人
  4. 事例研究の論文を投稿したい人

日程 10:00-12:00 個別指導、13:00-15:00 事例発表会

  •   2018年4月8日(日) CIC東京(田町)
  •   2018年6月9日-10日    沖縄(個別指導はありません)
  •  2018年10月14日(日) CIC東京(田町)
  •  2018年12月2日(日) CIC東京(田町)
  •   2019年2月10日(日) CIC東京(田町)

場所:CIC田町キャンパス・イノベーションセンター東京(田町)
参加費
個別指導とディスカッション(午前)  JSISH会員 8,000円(会員限定)
事例発表会(午後) JSISH会員 2,000円、非会員5,000円(事例発表者は無料)
沖縄事例研究会 県内  3,000円 県外 JSISH会員 3,000円 非会員10,000円
定員
個別指導とディスカッション 最大9名 事例発表 15名