地域包括ケア事例検討会

地域包括ケア、こんな工夫・あんな工夫を共有しよう
  (地域包括ケア事例検討会)

 

【目的】
地域包括ケアに関わる方々の工夫事例の発表から、その工夫の意義やデザインを共有して、地域包括ケアの改善を目指します。

【参加対象の職種】
地域包括ケアに関わる方々(ご利用の方々も含む)
例:地域包括支援センター関係者、地域組織関係者(行政担当者、民生委員、自治会、地区社協)、ケアマネージャ、成年後見人、地域ボランティア、介護保険サービス関係者(ヘルパー、デイサービスなど)、地域包括ケア関連施設職員、薬剤師、歯科医師、看護師、医師など

【会の進行】
1)日々の実践で「上手くいった」事例発表(推奨)
1-1)発表(1発表約10分間)
1-2)少人数議論(1発表後約10分間)
2)日々の実践で「これ難しい」事例発表
2-1)発表(1発表約10分間)
2-2)少人数議論(1発表後約10分間)
3)これらの事例を共有して意見交換(会合後、食べながら、飲みながら語る場もあり)

【ファシリテーター】
松本尚浩(笑顔のおうちクリニック松戸)

【参加費】
500円 (懇親会費1500~2500円予定)

【日時・会場】
2017年 5月20日(土)13:00-16:00 東京慈恵会医科大学(東京都港区)
2017年 7月22日(土)13:00-16:00 → 中止となりました。
2017年 9月23日(土)13:00-16:00 岡山大学(岡山市)
2017年11月25日(土)13:00-16:00 → 中止となりました。
2018年 1月20日(土)13:00-16:00 CIC東京(田町)

【場所】
東京慈恵会医科大学:詳細後日告知
CIC田町:キャンパス・イノベーションセンター東京(田町)
岡山大学(岡山市):詳細後日告知

主催:日本医療教授システム学会(http://www.asas.or.jp/jsish/08.html)

お申込みはこちらから

Comments are closed.