ARCS/ISDセミナー2016

より良い教育を提供する方法を、この夏本気で考えてみませんか?

本セミナーは、以下の一つでも当てはまる全ての教育活動に携わる医療関係者(教員、医師、看護師、救急救命士、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)の方の問題解決に役立ちます。

  • 学習者の実力が身につく「授業」や「研修」をしたい。
  • できるだけ短時間で無駄なく教育したい。
  • 学習者にとって成長が実感できる教育をしたい。
  • 自己流ではない、理論を活用した教育をしたい。

【セミナー概要】
本セミナーは、参加者の皆様がこれから行う、または行ってきた教育事例をより良いものに改善し、次回の教育の場で実践できることを目指します。そして、学習活動の効果・効率・魅力を高めるInstructional Design(インストラクショナルデザイン:ID)、学習者のやる気を引き出すためのARCS Model(アークスモデル)等の学習理論を各自の教育事例を改善する過程で学ぶことができます。
セミナーは2日間に分かれ、1日目と2日目で対象者が異なります。両日参加も可能です。
【開催日時・対象者】
1日目
日 時 : 2016年8月6日(土) 受付10:30  11:00~17:30(予定)
対象者 : 医療系大学、専門学校にて授業を行っている、またはこれから行う予定で、授業内容の改善を行いたい教員
募集人数 : 30名
2日目
日 時 : 2016年8月7日(日)受付 9:00   9:30~16:00(予定)
対象者 : 医療系の施設や組織にて研修を行っている、またはこれから行う予定で、研修内容の改善を行いたい担当者
募集人数 : 30名

【セミナー進行表】ARCS2016

【セミナー修了証取得要件】
以下を全て満たすことを要件とします。

  • 事前学習を全て提出期限内に提出できる。
  • セミナー終了後レポートを提出し合格基準を全てクリアする。(詳細は参加決定者に通知)
  • 3ヶ月後アンケートを提出する。

【セミナー修了後、参加者に期待される効果】

  • 本セミナーを通して改善した教育が実践される。
  • 本セミナーで学んだ学習理論が他の学習活動にも応用できる。
  • 本セミナーで学んだノウハウを活用して学習活動の効果を、学会発表、論文に投稿される。(日本医療教授システム学会では学会発表支援、事例研究会にて論文作成支援も行っています。http://jsish.jp/eduwp/?p=2045

===================      開催要項     =================

【会場】
東京工業大学 田町キャンパスイノベーションセンター509号室
http://www.tamachi.jim.titech.ac.jp/cic/cic_access.html
【お申込み】

お申込みフォームは こちら

受講申し込み頂いた方には事務局よりメールを返信致します。
返信が土日祝日を除く3日以内にない場合は jsish.edu@gmail.com にご連絡下さい。
【お申込期限】  2016年7月16日(土)18:00
【懇 親 会】  2016年8月 6日(土) 18:00~ 予定 参加費:5000円~6000円程度
【受 講 料】
1日目 : 30,000円(JSISH会員) 40,000円(JSISH非会員)
2日目 : 30,000円(JSISH会員) 40,000円(JSISH非会員)
両日参加 : 50,000円(JSISH会員) 70,000円(JSISH非会員)
受講料には、事前学習eラーニング代、当日セミナー代、セミナー後のレポート添削を含めた 助言指導料が含まれています。セミナー当日の昼食代は含まれていません。
*キャンセルチャージについて 事前学習eラーニングシステムのご案内後は、キャンセルチャージ100%とさせて頂きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【セミナースタッフ】
チーフファシリテーター:鈴木克明(熊本大学大学院教授システム学専攻長・教授)
http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/ksuzuki/suzuki-j.html
事前学習・eラーニンング担当:淺田義和(自治医科大学)
評価担当:八木街子(自治医科大学)
ラーニングアシスタント養成担当:松本尚浩(笑顔のおうちクリニック松戸)
司会:梅野晶子(関西労災病院)
マネージャー:紙谷あゆ美(済生会横浜市東部病院)
セミナー統括:三好雅之(鳥取大学)

Comments are closed.