2019年 AMLS

 

  • 今回の講習会のお蔭で、自分に足りない考え方や知識が明確になり、今後の勉強のモチベーションにつながったと感じる。(医学生)
  • 浴びるようにシナリオを経験することができ、全てのセッションで模擬患者がいらっしゃるので、聞き方まで含めて問診を練習できた。(医学生)
  • 勉強になり、楽しいコースだった。(医学生)
  • 知識・実技、どれも勉強になった。(看護師)
  • 二日間とても勉強になった。(医学生)
  • とても充実した良い経験をさせていただいた。(看護学生)
  • 実際に体を動かす時間が多く、楽しかった。
  • 鑑別疾患をあげながら診療していくクセをつけていきたいと思った。(医師)
  • 疾患名を推測したり、検査観察から診断をつける党自分のできていないところが明らかになり、非常に悔しい思いをするコースではあったが、インストラクターと一緒に活動するチームの皆さんと共に学ぶことができた一体感のあるコースだった。これだけ濃い内容のものを楽しみながら学ぶことができたのはインストラクターと一緒に受講した皆さんの温かい人柄にあると思う。AMLSの内容もさることながら、楽しく学ぶこと、次の学びにつなげる動機付けのできる指導法を知ることができた、満足度の高いコースだった。英語のテキストを読み込むことは大変だが、しっかり勉強して今後に活かす。(看護師)
  • 初期対応で鑑別を絞る癖がついて良かった。現場でも実践できそう。(医師)
  • シナリオを使用し実際にロールプレイすることでインプット・アウトプットが出来てとても実りのある実践的なコースだった。改めて日々の業務で細かく観察し、適切な判断が必要なのだと学んだ。(看護師)
  • 目の前の患者さんに役立てていきたいと思う。
  • とても為になった。シナリオも豊富で楽しかった。会場の目っと環境が悪く調べ物をできないところは残念だった。診断をまずつけたくなるが、鑑別診断までで止め、澪書士をなくす姿勢はこれからも活きていくと感じた。
  • パラメディックのレベルの高さを痛感した。知識・技術がまだまだ足りないことをつ間した。救急救命士が信頼されるくらいの技量をつけていきたいと思った。(救急救命士)
  • 楽しく学べた!成長できた!インストとる。
  • 事前学習が足りていないにもかかわらず、レベルに合わせ、コースを進行していただきありがたかった。
  • 救命士としての知識を増やすことができた。(救急救命士)
  • とても良かった。実際の現場のように限られた時間の中でトリアージを行い、適切な管理・処置を行い、適切な病院に患者を安全に運ぶことができるように経験できた。(医師)
  • 日々の臨床スタイルを見直すのにとても有意義だった。明日からのER診療が楽しみになった。インストラクターにも挑戦したい。
  • 鑑別疾患を挙げながら診療していく癖をつけて行きたいと思った。(医師)
  • 疾患名を推測したり、検査・観察から診断をつける等た自分のできていないところが明らかになり非常に悔しい思いをするコースだったが、インストラクターと一緒に活動するチームの皆さんと共に学ぶことが出来た一体感のあるコースだった。コースの内容もさることながら、楽しく学ぶこと、
  • 次の学びにつなげる動機付けのできる指導法を知ることが出来た満足度の高いコースだった。英語のテキストを読み込むことは大変だが、しっかり勉強して今後に活かす。(看護師)
  • 初期対応で鑑別をしぼる癖がついて良かった。現場でも実践できそう。(医師)
  • 実際に体を動かす時間が多く、楽しかった。
  • 有意義な2日間だった。今後患者さんのために役立てたいと思う。
  • シナリオを使用し実際にロールプレイすることでインプット・アウトプットが出来てとても実りのある実践的なコースだった。改めて日々の業務で細かく観察し、適切な判断が必要なのだと学んだ。(看護師)
  • 目の前の患者さんに役立てていきたいと思う。
  • とても為になった。シナリオも豊富で楽しかった。会場のネット環境が悪く調べ物をできないところは残念だった。診断をまずつけたくなるが、鑑別診断までで止め、見落としをなくす姿勢はこれからも活きていくと感じた。
  • パラメディックのレベルの高さを痛感した。知識・技術がまだまだ足りないことを痛感した。救急救命士が信頼されるくらいの技量をつけて行きたいと思った。(救急救命士)
  • 楽しく学べた。成長できた。インストをとる。
  • 救命士としての知識を増やすことが出来た。(救急救命士)
  • とても良かった。実際の現場の様に限られた時間の中でトリアージを行い、適切な管理・処理を行い、適切な現場に患者を安全に運ぶことが出来るように経験が出来た。(医師)
  • 日々の臨床スタイルを見直すのにとても有意義だった。明日からのER診療が楽しみになった。インストラクターにも挑戦したいと思う。
  • 患者の診察の間に鑑別疾患のディスカッションが出来て必要な問診項目の追加等出来て良かった。実際の現場ではできないことで、シミュレーションで練習できたことが良かった。(医師)
  • 緊急性、可能性の判断が救急医療をする上でとても大切だと思った。最初は流れが分からなかったが、徐々に頭・体を使えるようになり、とても楽しい講習会だった。(医師)
  • 一つのコンテンツにつき2~4症例経験でき、能動的に考察し学べるのでとても勉強になった。(医師)
  • 知識不足を感じたが、救急隊員として振り返る良い機会になった。(救急隊員)
  • すごく難しかったが、違う視点でPtを見ることが出来、また自分に足りないものが沢山知れて良かった。(看護師)
  • 大変でしたがとても勉強になり充実していた。実際の対応でも学習前よりうまく対応できそう。インストラクターの皆様の熱意や患者役の方の迫真の真剣な演技が、実技の成果に非常に役立っていると思う。
  • 鑑別を回しつつやるべきことをやるトレーニングは実践的で楽しかった。(医師)
  • 推論しながらPt.を見るようにして行けそう。日頃、自分がいかに考えながらPt.を看ていないかが分かった。(看護師)
  • レクチャー⇒シナリオだったので、理解し焦点を絞って出来て良かった。
  • 五感を使ってまず評価するということに慣れていなかったので、バイタルを測る前に何か介入する(判断する)のが難しいと思った。二日間で少しできるようになった気がするが、これからも業務中に素早く行動できるよう、今回学んだことを活かしていきたいと思う。(医師)
  • 臨床推論はこれからの日本の救急に必要なものである。まだ普及しているとは言えないので、これからの隊員教育に活かしたい。(救急救命士)
  • 現在救命救急をローテ―とさせてもらっていたが、AMLSパスウェイといったプロトコルを身に付けることで、実際に患者さんが搬送されてきたときも、思考停止せずに考えていけるのではないかなと感じた。今後はさらに各領域ごとに知識を深めたり、プロトコルを身に付けていきたい。(医師)
  • 救急を回る前だったので、実際の流れが分かった気がする。少しは現場であたふたせずに済みそうな気がする。(医師)
  • 実際に受けてみて、受けて良かったと思う。(医師)
  • 実際に自分で繰り返しやってみることで流れが身に着いたと思う。日常業務に活かしていきたい。(医師)
  • 内科時間外当直で使える知識ばかりだったので、今後に生かしていきたい。(医師)
  • 試験は緊張したが、とてもためになる講義だった。学んだことを業務に活かしていきたい。(医師)
  • 救急の現場ではチーム内でのコミュニケーションが大切だと実感した。(医師)
  • 研修医として救命科を回るにあたり、初期診察を効率よく行えるような知識を学ぶことが出来た。(医師)
  • とてもためになった講習だった。いつでもすぐにできるように、これから先、たくさん使って身に付けていきたい。とっても濃い2日間で、正直疲れてしまったが、今までで一番いい講習会だった。(医師)
  • 2日間、長いようでとても短く、またその内容は自分の臨床技術に直結するものであったと思う。(医師)
  • 救急の現場で迅速に判断するには、今回のAMLSの様に反復して練習することが大事だと思うので、今回受講出来て有意義だった。今後の業務に活かせると思う。(医師)
  • インストラクターによって評価を統一したほうが良いのではないか。全体的にインストラクターの方々の雰囲気も良く、楽しむことが出来た。(医師)
  • 臨床推論について、ひとと話して考えるいい機会になった。自分の弱い分野も浮き彫りになったので、目標もでき、より頑張っていきたい。
  • 臨床に活かして頑張る。また勉強しに来たい。(EMT)
  • 勉強不足をとても感じた。今後の成長に活かすことが出来た。
  • 勉強になった。パラメディックがベースなので、日本の救命士とは違うが、活動の内容的には共通する部分もあるので良かった。最後の実技試験では実際に現場と同じように活動できた。
  • どういう風に救急活動を組み立てていけばよいか自信がなかったため、AMLSを軸としてこんごの活動をしていきたい。
  • 非常に勉強になった。今後、傷病者役で参加し、知識を深め、いずれはインストラクターを目指したいと思っている。
  • AMLS pathway を用いることで、実臨床についても洩れなくPtの情報を集められると思った。実際にERでもこのツールを使い、診断・治療を行いたいと思う。(医師)
  • 一つ一つ丁寧にホワイトボードに板書しながら整理することは医療現場で出来ないので、いい機会になった。(医師)
  • 現在、救急救命士として活動しているが、大まかに鑑別して、漏れがなく、搬送を決める(考える)ことは、全救急隊の隊長や救命士に必要な事であり、とても分かりやすいため、隊員教育にも大変役立つものと思われる。(EMT)
  • 多くの先生方・スタッフの方に熱心に教えていただき、特に日ごろの診療でも生かせることが多く、勉強になった。(医師)
  • 看護師が受講すると、難しいと感じるとも思えたが、インストラクターが丁寧に指導して下さるので安心して受講することが出来た。例えば、急変時に何が原因で急変したのか、をDr.と一緒に考える思考の訓練になった。(RN)
  • 難しく感じたが、受講生同士で学びあう中で理解できたり、チームで協力し合うことの大切さを学び、力がついたように思う。(RN)
  • 明日からの診療に活かせる、実践的な内容で大変良かった。
  • 小チームで考えながら進めて行くスタイルで、自分では思いつかない発想にとても刺激を受けました。(医師)
  • どの専門科の医師にとっても何年目でも、有用なセミナーだと思います。ぜひ受講をお薦めします。
  • 実際に自分でやってみないと成長できないということがこのコースを通して分かりました。(医師)
  • 明日からすぐに使える思考過程・評価のやり方を学ぶことが出来た。
  • 外傷患者についてのコースを受講したことがあったが、内因性のコースは初めて受講しました。内因性の患者対応について、統計立てて抜け目なく観る術をを学べました。今後も繰り返し学習を行って休刊対応の精度を向上させていきます。今回学んだことを基礎としていきます。
  • 日本の教育的コースとして、一にも早く確立され、プレホスの場でも活かされる様に切に願います。(RN)
  • 2日間のコースは初めてだったので、だんだんと考えることが出来なくなってしまったが、チームで考え判断することが大切だと思った。
  • 同僚に進めたいと思います。とても楽しかったです。スタッフの皆様やりやすい雰囲気づくり有難うございました。
  • 日頃、循環器疾患の患者さんを中心にみていますので、広い視野で患者さんをみる点が欠けています。このようなコースに参加したことで自分の曖昧な知識や理解が多いことに気づきました。他社に伝えるために自分の考えを相手の理解できる言葉や正しい知識で伝えることが出来るように日頃からもう一度踏み込んで勉強していきたいと思います。
  • 普段現場活動している中ではOPQRSTやSAMPLERを使用しているつもりではいるが、ホワイトボードに記載して地震の聴取と確認してみると抜けている項目があることに気づかされた。(EMT)
  • 実技の症例も充実しててやり甲斐もありました。自信もつきました。
  • AMLSアセスメント・パスウェイの一部はすでに私の所属する消防本部では取り入れられており、救急隊員に浸透しつつあるが、このプロバイダーコースを受講することによりその有用性を再確認することが出来ました。現場活動に即座に活かし、傷病者本位の活動になるようにしたいと思います。有難うございました。
  • 実技中心のグループワークで楽しみながら大変勉強になりました。患者役の方もリアリティがあってやりやすかったです。