代表挨拶

代表挨拶
JSISHがAMLS/PHTLS(NAEMT)を取り入れた理由について

日本医療教授システム学会(JSISH)

代表理事:池上敬一

このたびJSISHはNAEMTとAMLS/PHTLSコースの国内開催に関する契約を結びました。
JSISHがAMLS/PHTLSコースに着目した理由は、

  1. 5年ごとに改定される蘇生のガイドライン(ILCOR)および外傷ガイドライン(American College of Surgeons, ATLS )と連動し更新されること
  2. 臨床推論能力の獲得ができること
  3. 疾患・傷病に関するナレッジベースを拡大できること
  4. よくデザインされた教材・コースであること
  5. これらの教材・コースにより学習者だけでなくインストラクターの成長が期待できることにあります。

JSISHでは医療系学生、医師・看護師そして救急隊等を対象に、良質な医療を確実に提供できる医療者養成を目的に、AMLS/PHTLSコース開催及びインストラクター養成を行なっていきたいと考えています。
日本医療教授システム学会のミッションと行動目標

JSISH: Japan Society for Instructional Systems in Healthcare

NAEMT: National Association for Emergency Medical Technicians

AMLS: Advanced Medical Life Support

PHTLS: Pre-Hospital Trauma Life Support

(本事業はJSISH国際トレーニングセンターが実務を行ないます)